Campania等南部4州と島々・・・Puglia

Puglia プーリア

プーリア州は、イタリア半島南部、長靴のかかと部分に当たる。北にアドリア海、南にイオニア海に面する長い海岸線を持つ。
この地は、古代ローマ時代にはギリシャへの通行路に当たっていたところで、アッピア街道の終点のプリンディジ(Brindisi)と州都・バーリ(Bari)は、ギリシァ航路の基地として発展した町である。同時に、ナポリ、パレルモと共に、南イタリアの文化の中心でもある。
古代からギリシャ、ローマ、ビザンチン、サラセン、ノルマン、スペインと支配勢力がめまぐるしく交替し、大土地所有制が根強く続いた地域であった。1950年以降、農業改革地域に指定され、山岳地帯が殆ど無い地形だから、改革が大規模に進められた。その結果、現在では灌漑が進み、イタリアの農産物の大供給地になっている。又、プリンディジ、州都・バーリ、ターラント等の港湾都市は、製油、製鉄等の近代工業も発展している。

ワインの生産においても、温暖な地中海性気候に恵まれているから、州の全域でワインを産出し、シチリア、ヴェネトと並んで量産を誇っていて、ブレンド用のワインを大量に輸出して「ヨーロッパワインの貯蔵庫」などと呼ばれてきた。しかし、ここ20年劇的に変化している。原産のブドウ品種が多く、個性豊かでユニークなワイン造りが始まっている。とは言え、DOCワインの生産は6%に過ぎない。

 

Palermo

 

DOC: Castel del Monte(カステル・デル・モンテ)

バリー県コラートを中心とする8ヶ村で造られるこのワインは、この州最良の最も名が知られているもの。
名前の由来は、13世紀、南イタリアを治めていた シチリア王・フェデリーコ2世(1197~1250年)が建てた鷹狩り用の城(山の城の意)にちなんだもので、この地のランドマーク的存在の城である。

ギリシャから伝えられた色の濃い品種・ウーヴァ・ディ・トロイア種主体の<赤・ロゼ>とパンパヌード種にトレッピアーノ種等を加えて造る<白>がある。
<赤>は、ガーネット色を帯びたルビー色で、タンニンの調和の取れたしっかりしたワイン。
<ロゼ>は、薄いルビー色で、アロマを含んだ辛口。
<白>は、薄い麦藁色で、新鮮でアロマのきいた上品な辛口。

主生産者 Rivere, S.Lucia, Torrevento, Vigneti del Sud,
(リヴェーラ、サンタ・ルチーア、トッレヴェント、ヴィニェーティ・デル・スッド)

 

Castel_del_Monte

lin

 

DOC

DOC: Locorotondo(ロコロトンド)
Locorotondo
ロコロトンドは、すぐ近くの東にある観光客で賑わうアルベロベッロ同様、この地方独特の白い円錐形の屋根を持つ家「トゥッルリ」でよく知られる町である。

このロコロトンドの町周辺で生育する珍しい品種・ヴェルデーカ種にビアンコ・ダレッサーノ種を加えて<辛口白>を造る。
薄緑から明るい麦藁色で、繊細な上品さを持つ。
この地の味わいのある<白>の一つである。プーリアを代表するワインと言える。スプマンテもある。

主生産者
Rivera, C.S.Locorotondo, Carparelli, Cardone,
(リヴェーラ、C.S.ロコロトンド、カルパレッリ、カルドーネ)

DOC: Copertino(コペルティーノ)
南部レッチェ県のコペルティーノを中心とする地域で栽培されるネーグロ・アマーロ種主体の<赤・ロゼ>。
深いルビー色の<赤>は、心地よい苦味とアローマと香味に富み、4~10年で品質が向上する。
<ロゼ>はサーモンピンクで、香り豊かな辛口。

主生産者
Masseria Monaci(マッセリア・モナチ)

DOC: Primitivo di Manduria(プリミティーヴォ・ディ・マンドゥーリア)
畑はマンドゥーリアの町を中心に東に広がりタラント湾に至る。プーリアの量産ワインの原型との言えるこのワインは、プリミティーヴォ種100%で造られる。プリミティーヴォ種はこの地方からアメリカ・カリフォルニアに移民した人達がアメリカで作ったジンファンデル種のベースになったものと言われる品種だが、出来るワインのタイプは全く異なる。

パンチの効いた早熟のこの品種から、スミレがかったルビー色で、果実風味豊かな若飲みタイプの<赤>を造る。強化ワインの<リクオローゾ>(アルコール度17.5~18%)もあり、4~5年の熟成でオレンジ色に変わり、複雑な味わいを持つワインになる。

主生産者
Leone de Castris, Feudi di San Gregorio, Cantele, Accademia dei Racemi,
(レオーネ・デ・カストリス、フェウディ・ディ・サン・グレゴリオ、カンテレ、アッカデミア・ディ・ラチェーミ)

DOC: Salice Salentino(サリチェ・サレンティーノ)
この地方で一歩抜きん出たワインで、最もよく知られている。
畑はサリチェ・サレンティーノの町を中心に半島中央部を東に広がる。ネーグロ・アマーロ種にマルヴァージーア種を加えて、<赤ロゼ>を造る。まろやかで深みを見せるワインである。白はシャルドネ主体。果実香の富むフレッシュな若飲みタイプ。

主生産者
Leone de Castris, Taurino, Cantele, Due Palme,
(レオーネ・デ・カストリス、タウリーノ、カンテレ、ドゥーエ・パルメ)

DOC: San Severo(サン・セヴェロ)
サン・セヴェロの町のある州北部のカピタナータ平野は、プーリアで最も生産量の多いDOC地帯である。
このDOCはボンビーノ・ビアンコとトレッピアーノ・トスカーノで造る、軽く飲み易い辛口白が中心だが、モンテプルヤーノ種とサンジョヴェーゼで造る<ロゼ・赤>がある。

主生産者 C.Torretta Zomarra, D'Alfonso del Sordo,
(C.トレッタ・ゾマッラ、ダルフォンソ デル・ソルド、) ,

Copyright ©wine-book.com All Right Reserved